アクセスカウンタ

<<  2011年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


My sister got married!!

2011/04/26 12:12
2011年2月11日に無事、姉が結婚しました。

金曜日当日はバタバタしていて、マイお財布は忘れるわ、二次会のアクセサリーも忘れるわとなかなか散々でしたが、まあまあ楽しめたかな、と思います。
心残りは、全く良い写真が撮れなかったこと。

披露宴の入場で、私がサックスを吹くことになっていたんですが、両親の席からは遠かったことや、自分のカメラを託し忘れてしまったので、ピンボケの母撮影写真がわずか2枚という結果に・・・

これはもう姉(会場のカメラマン撮影分)とその友達か同僚にもらうしかないという状況です。

しょぼん。


今回はサプライズが多かったです。

新郎も新婦もお互いにサプライズを用意していて、姉はカフスを作りに行き、旦那さんは姉が欲しがっていてあきらめたJIMMY CHOOの銀のスパンコールのハイヒール(多分¥80,000くらい)をプレゼントしてくれました。

あの靴、すごく派手で確実にドレスにしか履けませんが、それくらい特別な靴で良かったのかも。
あたしの結婚式がいつになるか分かりませんが、その時にも履いてもらおう。


あ、ちなみに姉が諦めてどの靴を買ったと言うと、三宮のギャル系靴屋¥6,000の12.5cmヒール。

さすがギャル。

みごとなコスト削減でしょ☆
まだもらってませんが、履いた後は私のものになります・・・


二次会でもサプライズがたくさんあり、神戸に来たことのない旦那さんの元同僚さんが、二人の同級生や家族(私も参加しました☆)を撮影しにきた映像の完成版もありました。

すばらしいクオリティ。
すごく凝ってました。


ここでもイベントがあり、最後に私が3位の商品を頂いてしまいました。
よかったのかしら。
ayayam



人気ブログランキングへ
記事へトラックバック / コメント


2010.8.18 〜 23  Reunion in Canada 〜Sackville 1 日目

2011/04/25 20:22
この日記は、2010年8月18日〜23日に行った、カナダでの同窓会旅行の記録です。

6年ぶりのサックビル。
モンクトン空港には日付が変わる直前に到着しました。

有難いことに、コーディネーターのアダムが迎えに来て下さっていて、私のトランクの重さ(尋常じゃなかった)に「彩、1か月滞在するつもり?それはすごい歓迎だけど!」と言われました。

ほんと、なんでこんなに詰め込んできたんだろ。
そう、カナダと日本の気温差が分からなかったから、ミニスカートで寒かったら、パンツを穿こうと思ったりして、重くなったんでした。

今度からは「いかに軽くするか」に重点を置いて荷づくりしたいと思います。
カーディガン、レギンス、ヒートテック、レッグウォーマーはナイス防寒具ですね。

さて、ひとまずモンクトン空港から大学に到着し、私たちが居たころは建設途中だった寮に泊まることになりました。

6年経って、設備は結構使い込まれた感が既に出ており・・・時の経つのは早いもんだと感じました。

ちなみに中の設備はやっぱりというか、お手洗いの中にシャワールームがあり、そのうち一つは湯船があるというスタンダードな寮設備。

日本人としてはやっぱり、湯船に入りたかったんですけど、夏だし、寒いしもういいやって感じでした。


気温の話をしましょう。
実際何度なのかは分かりません。

カナダは日本と同じ摂氏で気温を測ります。

でも、夜になると息が白くなるくらいには、寒かった。

とにかく寒かった。

「It's cold!」と言うと、全力で「今まだ夏なんだからColdじゃなくてCoolよ!」と否定されました。

絶対Coldでしたよ。

凍えるかと思いました。


次の日は、夕方からアダムの家でBBQパーティーです。

欧米式BBQ。焼くことは焼きますが、焼くのはソーセージです。

日本式BBQは焼き肉ですけど、少なくともカナダは違うので、ホームステイなどで「Welcome BBQよ!」と言われたら、ホットドッグを作る会だと思っておいた方がいいと思います。


この時、ほんとに日本からおやつを持って行けば良かったと思いました。

日本のお菓子(関西だしじょうゆポテチとか、おにぎりせんべい的なのとか、神戸のクッキーとか。)は素晴らしいものね・・・
するめでも良かったかも。ビールに合いますし・・・


アダムの息子たち(特に次男)と遊びまくりました。
同じ目線にしたとたん、何か(少なくとも英語っぽい)を叫びながら襲ってきました。
とりあえず捕まえて、こちょこちょ(くすぐり)攻撃です。

そんな風に暴れていたら、長男が「うるさいよ」と言わんばかりに次男を攻撃し、最終的に次男がママに泣きついて、The END.

やっぱり男の子同士は激しいなあ〜。

次男はその後、ママに抱かれてぐじぐじ泣いてました。
かわいかった☆





人気ブログランキングへ
記事へトラックバック 1 / コメント 0


<記録> 2011.3.11. 宮城県丸森町の東北・関東大震災

2011/04/05 13:43
2011年4月3日夜、この夏カナダで出会ったサニー(まだ出てきていないという・・・)と、
一緒にカナダへ旅行したようことあきこと4人で飲み会をしました。

サニーは、宮城県丸森町というところで英語の先生として働いており、地震当日から電話が通じず安否不明で気が気ではありませんでしたが、今回大阪で再開出来、とても安心しました。

サニーから聞いた地震もろもろの話を、私自身の記録として残しておきたいと思います。

ただ、私のつたない英語力で理解した話ですので、一部齟齬があるかもしれませんがご了承ください。


1.地震が起きた時

働いている小学校の教室で、当日誕生日の女の子をみんなでお祝いをしてクッキーを食べていた。
何日か前から震度1〜5くらいまでの地震が頻発していたので、最初に揺れが来た時は「またか」と思った。
小さな揺れから突然、大きな縦揺れ・横揺れが起こり、机の下に避難したが揺れは激しく、机の底に頭を打ち付けたり、地面が足を打つような感じ。足が痛くなった。
全部で4回くらい縦横の地震があったが、少しおさまった時、他の先生から「外へ避難しろ!」との声があり、全員で校庭へ逃げた。
次に大きな揺れが来た時、築60年くらいの木造の校舎の一部が崩れ、さっきまで居た教室がつぶれてしまった。

2.地震直後

本震がおさまった直後から電気・電話回線(携帯も)が使えなくなり、何が起こっているか分からなかったので、
峠の方へ見に行った(のか、町から見えたのか、後述する相馬市で見たのかは不明)ら、津波が来ていた。
津波は、水の壁がこちらへどんどん向かって来ているように見え、そのまま町をのみこみ、全てをめちゃくちゃにしていった。

あと、車で相馬市に行き、被害の甚大さを見た。
全てが無くなっていて、とにかく怖かった。

丸森町自体に津波は来なかったが、壁が倒れたり、山から岩が落ちて来てサニーの家を直撃し、今は窓が全くない。
地震当日から、家には帰っていない様子で持ち物類も持ち出せていない。

携帯電話は、Softbankとauがだめで、Docomoは1本状態だった。

3.カナダの家族

地震当日から連絡がつけられず、また、カナダやアメリカのニュースでは「宮城県民が全員死亡」などと流れており、
丸森町の情報も入ってこず、パニック状態だったようだ。
私(ayayam)のカキコで、かなり安心したとのこと。

→Facebookで彼女の家族やカナダの友達達へ情報発信した方が良いと思ったし、
 私自身もサニーの安否が気になって仕方なかった為、TWITTERとmixiで丸森町の情報を探しまくりました。
 結局一番早かったのは、Twitterでした。
 丸森町に親戚や家族が住んでいる人のつぶやきを集めまくり、とりあえず津波もなく、人的被害もなさそうということを確認できましたので、facebookのサニーのページに書き込むことで、安心してもらおうと思いました。
 丸森が海の傍では無くて本当によかったです。


最後になりましたが、今回の大震災により被害を受けられました皆様に、
心よりお見舞い申しあげますとともに、早期の復旧をお祈り申しあげます。

とりあえず、こないだスキーに行ってきたのでその残金1600円くらいと、コンビニで買い物したときの端数を中心に寄付を続けています。


***

私は神戸の大震災を経験した身ですが、サニーが言っていたような、「地面が足を打つ」ような揺れではありませんでした。
もちろん私が生きていた(とは言え当時10歳)中で一番揺れた地震で会ったことは間違いないんですが、
もともと、神戸市の中でも地盤が固くほとんど被害がなかった地域でもあったので、
家が全壊してしまった地域の人ともまた違う感覚であることは自覚しています。
私の時は、家が倒れそうだとも思いませんでしたし、それほどの揺れだとも感じませんでした。
当時私は2段ベッドの上に寝ており、壁際にベッドがありました。(それも関係しているのかしら?)
置いてある方向も良かったのか、ベッドが倒れたり動いたりすることは無く、ひたすらガタガタと揺れているだけでした。

ただ、壁の向こうにおいてあるアップライトピアノは片側が20cmほど開く形でずれていましたが、それくらいで箪笥や食器棚が倒れたり開いたりしていることも無く、被害は湯のみ1個とグラス1個くらいなものでした。
まあ、いつも汚い机が雪崩を起こしてますます汚くなったことは事実です。
年末に大掃除したばかりだったのに。(1月17日・・・)


とまあ、私の話はここまでにして、とにかく気候が早くよくなり、少しでも過ごしやすくなることを願っています。
記事へトラックバック / コメント


<<  2011年4月のブログ記事  >> 

トップへ

ビタースウィートチョコレート 2011年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる